レイキ
(ハンドヒーリング)

レイキ療法とは日本古来から伝わる手当て療法の一つで、心身のバランスを取り戻し、自己治癒力を高めるハンドヒーリングテクニックです。気功治療と同じように、レイキヒーラーの手から出る生命エネルギーを全身に流すことで、全身の活力が高まり、オーラやチャクラのバランスも整います。

 

大正時代に日本で発祥しましたが、むしろ、日本よりも海外での方が有名かもしれません。愛用者は、800万人とも言われます。

 

アメリカでは、ハーバード大学、エール大学、コロンビア大学、ニューヨーク大学など、多くの有名大学や大学病院で、医学生や看護師に向けた授業が行なわれているそうです。

もともと、ベトナム帰還兵のPTSD (恐怖体験によるトラウマなどの後遺症)が社会問題になった際、薬やカウンセリングで症状が変わらない患者に対してレイキ療法が試みられ、結果、多くの帰還兵が正常な生活が出来る様になり、レイキの効果を世界中に知らしめることになりました。最近では、アフガニスタン戦争やイラク戦争の帰還兵のPTSD治療プログラムにも、レイキ療法が取り入れられたそうです。

 

イギリスでは、王立病院にて、レイキ療法を受ける際、医療保険も使えます。インドでは、医師免許同様、国家資格になっているほどです。

 

心身のバランスを整えたい方、気の流れ、血流、リンパの流れを整えたい方、体温をあげたい、手足の冷えがつらい、新陳代謝をよくしたい方、レイキで、詰まった気の回路(パイプ)をお掃除しましょう。

 

 

日々の音色のメニューはすべて、医者の治療に代わるものではありません。セッションはすべて自己責任のうえお受け下さい。医師の診断や投薬治療を必要とする身体的・精神的な疾病を患っている場合は、かかりつけの医師の許可がない限り、ヒプノセラピーでのセッションはお受けできませんのでご了承ください。

レイキ、アクセス・バーズ®、ゼニスオメガTMヒーリングなどのエネルギーワークはできますが、薬を飲んでいるとどうしてもエネルギーが入りづらくなります。先にそういったブロックを浄化する施術をさせていただきますので、必ず事前にお申し出下さい。