オーラソーマのボトルを購入された方へ

ボトルを購入して下さった方々にお伝えしておきたいことを、ここにまとめておきます。

 

ボトルの使い方は「オーラソーマのプロダクトについて」でも説明していますが、ボトルを左手で持って振る、という行為は、その人のエネルギーをボトルと共鳴させるだけでなく、使用者の右脳の潜在能力がボトルの中身に浸透していくことも促します。右脳は創造性、無意識、そして他の次元と繋がっていますから、十分に振りましょう。

 

塗る場所は、そのボトルの色と対応するチャクラのある場所になりますので、こちらも参考にして下さい。例えば、B05のイエローとレッドのボトルであれば、イエローのチャクラの場所である太陽神経叢まわり、もしくはレッドのチャクラの場所である胴体の下部から足まわり、に使うことができます。イエローとレッドはシェイクするとオレンジになりますから、オレンジのチャクラの場所であるおへそまわりに使っても構いません。なるべく購入時にお伝えするようにしているのですが、伝えもれてしまっている場合もありますので、分からない方は、私に直接メールでお尋ね下さい。

 

また、オーラソーマは「偉大なるガイドは内側にある」という哲学を持っていますから、ご自分の直感で塗りたい場所に塗る、というのももちろんOKです。

 

ただし、レッドはエネルギーを活性化させるため、夜や眠る前に使うことは避けましょう。眠れなくなることがあります。

 

B26(オレンジ/オレンジ)に関しては、特別な塗り方がありますので、こちらを参考にして下さい。B87(ペールコーラル/ペールコーラル)とB105(イリデセントコーラル/コーラル)に関しても特別で、下腹部のまわり全体、および右の耳たぶから右の肩にかけて、上から下へと細い帯 状になるようにつけ、さらに右腕の付け根から体の右側全体を通って足首まで、太い帯状になるように塗布していきます。オレンジが左側なのに対し、コーラルは右側。どちらもタイムラインのヒーリングを促す色です。

 

ボトルを買っても「もったいないから使えない、眺めてる」という方も多いようですが、実は使わないことの方がよほどもったいない!んです。オーラソーマの創設者ヴィッキーは、「ボトルを眺めることは愛しい人の写真を眺めるようなもの、ボトルを塗ることは愛しい人を抱きしめるようなもの」とその違いを表現しましたが、それくらい違うということ、覚えておいて下さいね。

 

そしてできるだけボトルは1本使い切って下さい

「オーラソーマヒーリング」にはこのように書かれています。


「初めは一つのボトルがなくなるまで、そのボトルだけを使って下さい。たとえどのような反応が起きてもそのボトルとともにいて下さい。まれなことですが、そのボトルに対する反応として、気管支炎を起こすことがあります。たとえそうなっても、ボトルを使い続けて下さい。これは、癒しが起こって行く過程の中で起きる、一過性の反応に過ぎません。あなたが引続きボトルを使い続けると、すぐにも克服されるでしょう。
 ただし、皮膚に障害が現れたときには、2、3日ボトルの使用を止める必要があります。皮膚の回復をまず待たなければなりません。(略)
 例えば、不快な感情や記憶が表面化してくる場合があります。そのような体験が起こったら、喜んで下さい。なぜなら、それは単に、古い物語が、あなたに別れを告げようとしていることを意味するのですから。」

使い切ったところで、明らかな変化を感じる人もいれば、何も感じない人もいるでしょう。ちなみに私は最初、特に感じませんでした。でも、何本か使い続けるうちに、気づいたら、いつの間にか手放せていた感情や思考があります。今まで20本以上使ってきましたが、面白いシンクロニシティを体験したこともありますので、興味のある方はこちらでどうぞ。

 

そして一度シェイクしたボトルは、その人だけのものだということも覚えておいて下さいね。他の人と共有するものではありません。

(チャクラセットとレスキューセットは例外)

でももし、間違って他の人があなたのボトルをシェイクしてしまった場合でも、浄化する方法がいくつかあります。「オーラソーマヒーリング」から引用しますね。

<その1>
ボトルを縦にしてアメジストの岩盤の上、またはアメジストの結晶でできた晶洞石の中に約12時間置く。(もしボトルの中身の色が変化しても、使って構いません)

<その2>
ボトルを縦にして、肩まで海塩の中に24時間埋める。

<その3>
ボトルを縦にして、海の塩を溶かした濃い海水に、ボトルの肩まで約36時間漬けておく。

ちょっと触られてしまった、くらいであれば、ホワイトのポマンダーか、クイントエッセンスのセラピスベイを含ませた布でガラス面を拭いてあげたり、ホワイトセージの煙で浄化してあげるのもいいですよ。
 

また、ボトルの色はたびたび変化することがあります。

こういう時は「あなたがその色を必要としていることを意味します」。

ボトルの色が抜けたり、鈍くなったり、濁ったりしても、神経質にならずに、その変化を楽しんでみて下さい。それが何を意味するのか、何かとても深いプロセスが起こっているんだなということを、意識してみて下さい。

 

でも、あれこれ解釈するよりも、何より一番大切で本質的なのはボトルを実際に使うこと。「オイルを通じて働きかけることによって祝福がもたらされるのだから」というのは、ヴィッキーのたどり着いた見解でもあります。

ぜひ、使うことを楽しんで下さいね。


チャクラセットはB01,02,03,04,05,20,26のこと。
レスキューセットはB0,01,03,04,11,20,26,78,87,89,90,100,102,103のこと。