RAS認定ファシリテーター養成講座

受講者のご感想

◆20代 女性
文章にしようとすれば挫折し、とてもおそくなってしまいました…。
RASの感想を書いてみました…!

モニターセッション第一弾から、自分に合う!と感じ、
第二、第三と、メニューになってからも
何度もセッションに申し込んでいました。
そしてファシリ講座に申込み、約半年間くらいかけて受講しました。

毎回、セッションの日は次は何を解放するのだろう…?
とわくわくしました。
毎回楽しみで、セッションを受ける日が待ち遠しかったです。  

解放期間中、ある大ショックな出来事がありました。
ちゃんと解放をすすめるため、
胸にわいてくるものをなんとか受け入れようとしたり、
眼球筋運動したりとしていたはずなのですが、
その出来事がふっと頭によぎるたびに、
叫び出したくなるような思いでした。
襲ってくる感情はなかなか消えてくれなくて、
え…!これ、本当になくなるの…!?
と苦しくて仕方ありませんでした。  

そして、ある時、ふ、と、
「どうせ死んだらこの設定で感じる感情ともさよならなのだから」
ということが腑に落ち、  

せっかくこんな複雑に緻密に設定された今この環境にいる「私」
の感じるこの感情を楽しもう、と思いました。  

そうすると、いつの間にか楽になっていました~。  

あと、目の前にある景色や人ともすべてさよなら。なので、
この時代に生まれて見れているもの、体験できていること、
奇跡だなと。
出会えたことに感謝の気持ちがわき上がってきました。

熱中することにも恐れを感じなくなりました。罪悪感も。

解放コースではなく、ファシリ講座にしてよかったと思うのは、
自分の感情の解放をしていく上でもとても役立つからです。

私の学びのペースは本当にゆっくりで、
セッションを受けているときはわかっていなかったことが、
後から「そういうことだったか」と気が付くことが多いです。  

まゆさんの何気ない一言が後でつながったり。
理解はしていなくても頭に残っているから
後でつながってきています。  

まだまだ学びの日々は続いています~。  

感情って、個人的な快、不快はあるけど、良い悪いじゃないな…
と思うようになりました。
そして、どんな感情も、貴い。  
不快だとみなしている、ネガティブな感情も、楽しもう!
と思いました。不調の時の不安定な状態など…。  

そしたら得体の知れない感情に襲われて参りましたが。笑  

でも気がつけるし、たてなおせるんですよね。
少しずつですが…。  

ただの体の不調だとおもっていたものも、
そこに隠れている感情に気が付くと少し回復したり。
「ちゃんと就業時間まで働けるか不安だったのか~」とか。  

セッションを受け始める前には想像もできないくらい
穏やかになったと思います。  

あとよくぐるぐると堂々巡りになる思考が
すっきり霧が晴れたように静かになりました。  
頭で考えても仕方がない、ということがかなりわかりましたから…。

これからどうなっていくかはわかりませんが、
RASファシリ講座で学んだことは、生きる指針です。

ありがとうございました……!
 
 
*体験談は、クライアントさんのご了解を得て掲載させていただいております。