ライトボディの体験談

ライトボディの体験といっても、もちろん人によって様々です。今のところ、大体ですが、眠ってしまう方8割、ビジョンをみる方2割、といった感じでしょうか。でも、眠ってしまって何も覚えていない、という場合でも、無意識ではちゃんと受け取っていますから、安心して下さいね。無意識では、例えばこんな素晴らしいことがあなたにも起こっていたのかもしれませんので、参考にしていただけたらな、と思います。

◆30代 女性
(60分のゼニスオメガヒーリングを受けた数日後に、ライトボディを受けられたお客様なので、両方を合わせたご感想となっています)
 
こんにちは。
ライトボディの感想を書くのを先延ばしにしようと思っていたら、さすが人生の変化が早くて、驚きの出来事があったのでそれも含めて感想をお知らせします。かなり長くなりますが、宜しくお願いします。
 
私がライトボディを受けようと思ったのは、人生の節目が来ている気がしたからです。
節目に当たり、色々頭で考えるのですが、考えはいくつもループを作り、その上、互いにこんがらがって糸口すら見えない毎日。
 
そんなところにたまたま、以前6次元で須藤さんのオーラソーマのイベントに参加したことから、メールをいただき、ゼニスオメガヒーリングとライトボディについて知りました。
 
正直、半信半疑でしたが、人生どん詰まり感があった私としては、突破口になるなら、とゼニスオメガヒーリングとライトボディを受けることにしました。
 
申し込んでから須藤さんにヒーリングなどをしていただくまでは約2週間あったのですが、その間に私の頭の中のこんがらがりは無くなって、なぜだかすっきりと晴れやかになりました
内心「もしかしてヒーリングなんか受けなくていいのでは?」と思いましたが、好奇心もあって受けることにしました。
 
ヒーリングは椅子に座って開始。
事前に須藤さんとお話しした上で何枚かのシートが選ばれました。ヒーリングが始まってすぐ、閉じたまぶたの裏に水色の太鼓(鼓笛隊で使う種類)が左側に現れ、次にその太鼓を首から下げた少年が見えました。少年は何も音を立てず、ただこちらを見ているようです。
 
これって何?と思っていたら、映像は消え、次は自分にサウナのような熱風が当たる感じがして、汗ばんできました。その日はとても良い天気で、確かに部屋は暖かかったですが、まるで真夏のような暑さ。
鼻にうっすら汗が浮かび始めたのが自分でも分かりました。
 
あまりのことに何となく薄目を開けて、須藤さんが立っているらしい左肩のほうを見たら、白い四角いカードが私の肩にかざされているのが見えました。
ああ、さっき選んだシートをかざしているんだ。。。と思い、目を閉じました。
 
婦人科系のヒーリングをお願いしたからか、途中左の下腹部に何とも言えない鈍痛のような違和感のようなものを感じ、その時は顔をしかめていたと思います。
 
しばらくすると今度は心臓のあたりに、さらに熱いものが直径5センチくらいで当たっていることがわかり、また何かカードがかざされているのかな?と薄目を開けると、今度は白い象牙のような、先が少し丸みを帯びつつも尖ったものが自分の胸の真ん中に突きつけられていました。私までの距離は3センチほど。
ああ、こんなものまで使うのか、などと思いました。
 
熱さに耐えたヒーリングは、涼しげな音で終わりを告げました。終わっても全身が熱いことに変わりありません。その後、須藤さんとお話しすると、カードや象牙のような道具は使わず、手しか使っていないとのこと。それが一番衝撃でした。私の中でははっきりと実体を持った物質に見えたので。
 
ヒーリング後、電車に乗って家に帰ったのですが、ずっと暑くて、自然と水を大量に飲むことに。そして大量の汗をかきながら家で寝ました。
 
その数日後、ライトボディを受けることに。
今度はベッドで受けます。
仕事終わりに受けたのでかなり疲れていたのですが、すぐに寝ることはなかったです。
目のところにタオルがかけられているのですが、その影の右目の側に、ピンクとグリーンからなる幾何学模様が見えました。気のせい?と思っていたら、いつの間にか寝ていました。
 
寝ている間は何度か目が覚めてはまた寝る、を繰り返しました。その間に日なたのようなところで沢山の人に会った気もするのですが、なんだか要領を得ません。
 
しばらくすると、パチっと目が覚め、もうこれ以上寝ない!とハッキリ分かる瞬間が来て、その後はずっと起きていました。聞こえるのは須藤さんがページをめくる音だけ。何か見えないかなーと思って想像を巡らすけれど、見えたのは左目の側、タオルの影に一瞬見えた、蜘蛛の巣のような細く白いものがぱーっと広がるイメージのみ。
 
なんだか面白くない、と思っていたら白い紙に鉛筆で書いたペラペラのアニメのような男の子が右側に現れました。その子はずっと「イヤイヤ、イヤイヤ」と言って、右側をうろうろしています。
イヤイヤとうるさいので、「大丈夫、消えないから」と言って私はその子をハグしました。
すると落ち着いたのか、彼は消えてしまいました。
 
そして「幸せになれるよ」との声。
 
イメージはこの後見ることはなく、体で感じるものが多かったです。
順番は正確には覚えていないですが、右の肩口にピンポイントの痛み。左の手のひらの真ん中にもピンポイントの痛み。左側の喉を水色の螺旋のようなねじのようなものがドリルのように降りて行きます。
喉に何とも言えない違和感。
眉間にしわを作っていました。
須藤さんがページをめくると違和感は終わって次に移る感じ。
 
また今回も左下腹部に違和感。
その後、右側の喉をやはりねじのようなものが降りて行き、
次に喉の真ん中を降りておきます。
これが一番我慢するのが辛かった。
 
そして最後に、どうしても我慢できずにゴホゴホと咳き込んでしまったと同時に、ライトボディ終了の音。
 
起き上がろうとすると、若干ふらつきました。ただ寝ていただけなのに。
感じたことを須藤さんにお話しした後、家路についたものの、どんどんだるくなり、ぼんやりしてしまいます。まるでお酒を飲んだ後のよう。
勝手に「エネルギー酔いかも」なんて考えていました。
 
家では早く寝ようと思うのだけど、ぼんやりしているのに目が冴える感じでなかなか寝付けませんでした。
朝になり、何事もなかったように起きるのだけど、一点だけ違ったことが。それは胸骨がとても痛かったこと。起きてしばらくじっとしていたら治りましたが、あんなことは今までになかったです。
 
その後、特に変化はなく、普通に生活しているので本当にライトボディって効果あるの?なんて、失礼なことを思っていました。
 
だけど受けた後、色んなシンクロがよくあります。
知り合いと大相撲について話した翌日、電車のなかで大相撲の帰りの夫婦が目の前に座っていたり、テレビをつけると、チャンネルを変えなくても自分が好きな俳優(ほとんどテレビには出ない)が出ていたり、知りたいニュースが始まったり、すごいタイミングの良さです。
 
そしてついには転職の話まで降りてきました。(これが最初に書いた「驚きの出来事」です)
職場から9月までに仕事を探して出て行ってほしいと言われているのに、(別にパワハラではないです)仕事にかまけて就活はしていなかったのです。
そんなところに転職の話。
しかも前から行ってみたかったアメリカでの仕事。
 
今はまだ、正直色々迷っています。
アメリカに行っても1、2年しか働けない契約の仕事。
独身のままアメリカに行って、結婚は、子供はどうするのか、アメリカの仕事が終わったとして、無事に日本で仕事が見つかるんだろうか?などなど。でもそれらの感情も、実は穏やかにすぐに流されて行ってしまう感じです。もうしばらく内面と相談してみます。
 
ライトボディを受けてからたった5日でこんな状況になるなんて、さすが、これまでにない人生の流れの早さですね。
ライトボディ、マジ凄いっす。
 
などと、自分の備忘録としても書いたので、とても長くなってしまいました。
ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。
 
★ゼニスオメガヒーリングをご予約された時点から、エネルギーが流れ始めたせいかと思われます。
◆40代 女性 


先日はどうもありがとう。

その後、大きな変化はないけれど、セッションを受けてから何日かはひどい眠気とだるさに襲われて、右の側頭部に金属を打ち込まれるような痛みを感じていた。それから、今まで以上に明確に「死にたい」「生きているのが面倒くさい」「もう終わりにして欲しい」という気持ちが強く出てきて、施術前から強い好転反応が出ることは覚悟していたものの、はっきり言って辛かった。気付くとネットで「生きるのに疲れた」とか検索していたりして(笑)。

 

2日くらい前かなあ。瞑想していたら、すっごい情けない顔の中年のおじさんが出てきて、「あなたは誰?」と聞く前に、「あなたは私がハイヤーセルフだと思い込んで崇拝していた人だよね」って、答えが出てきた。「もう、こんなことはお互いのために終わりにしよう。私はあなたを手放すよ。ごめんね」って私が言うと、おじさんは情けない顔をしてにっこり笑って、その顔はみるみるうち赤ちゃんのような顔に変化していって、そして光に溶けていった。それから少し楽になって、心が明るくなった。私の変化はこれから始まると思う。

 

私は変化を受け入れることに抵抗をし続けていたから。施術中もとても抵抗していたのが自分でもわかってた。自分に起きていることを直視しようとせず、ずっと顔を背けていた。その抵抗が外れたように思う。

 

折よく?介護の仕事で入っていた先のご老人が急にご夫婦で入院することになった。彼らは私にとっての上客で、これで収入の半分近くを失うことになった。でも、おかげで、のろのろと準備をはじめていたヒーリングの仕事に真剣に取り組む決意が出来た。

 

今、感じていること。おそらく、私のやりたいことは、感情の解放についてなのではないかな?と思う。 

また、何か変化したらメールしまーす。

以下は、覚え書き。

青い人。私を誘導してくれたハイヤーセルフ。そこは一見、海であったが、私がお願いした行き先は、宇宙人だった頃に住んでいた世界。地球でいう海にそっくりの星だったのか、本当に地球の海を泳いでいたのか、定かではない。
青い人はその海の一部であり、全体でもある。連れてこられた私も然り。一部であり、全体である。意識することにより、それぞれの存在が浮かび上がる。 

意識をしなければ、青い人も私も海の中にとけ込んでいる。

青い人が連れて行ってくれた海の星にいる間、感情の動きはほとんど感じなかった。とても、淡々と事実をとらえ、理解していた。とても冷静で静か。

つい、数年前まで、人間のエネルギー源は憎しみと怒りだと思っていた。すべての人の体の中は、怒りの感情で溢れているのだと思い込んでいた。それゆえ、人間はとても奇妙で恐ろしいものだと思っていた。

私が地球に来た理由。うなぎの稚魚を地球に持ってくるため。うなぎの稚魚の地球での役割は、地球でいうところのシナプス。つまり、存在からの情報を電気信号を使って細胞に伝達する役割。私はそのシステムとともに地球にきたらしい。そこについての詳しい私の仕事はわからなかった。 


エネルギーワークには好転反応があります。事前に「エネルギー療法の注意点」をお読みになり、ご理解のうえで受けるようにして下さいね。

 


◆30代 女性 

ライトボディの施術が始まりますと、ふわふわと朦朧とした状態になりました。
眠くなってきたのかと思い、いざ寝てしまえばそれもいいかと身を任せてしばらく経つと、自分の足の方から頭にかけて風が吹き抜けるような感覚があり、一気に目が(頭が?目は閉じたままです)覚めました。

その後から、須藤様の本を開く音(ゼニスのシートをめくる音)が静かに心地よく聞こえて、リラックスした状態が続きました。
本を開く音と、ヒーリングの音楽を聞きながら、朦朧としながらも心地よい感覚のなかで、いろいろな体験をしました。

その中で一番印象に残った事を次にお話します。

私はリラックスしながらも、「他人の幸せが、自己の幸せになる」という自分が思い描く究極の形には自分はまだまだ未熟で、足らない所がたくさんあるのに、それが分からない、それを理解して実践しなければ誰も助けられない、でもそれにはどうすればいいんだろうと考えました。

私は小さい頃から自分の理想の象徴としている弥勒菩薩を思い巡らせました。

すると、京都広隆寺の弥勒菩薩が現れ、その後広隆寺にあるような姿より大分腰を屈めて、お腹の前にある球体?のようなものを覗いているような、守っているような姿が現れました。

私は何を抱いて何を見てるんだろうと目を凝らしたりしましたが、よく分かりません。

すると、去年自殺で亡くなった友人、今現在心身に深い傷を負って悩んでいる後輩が現れました。この2人はここ近年どうして力になれなかったのだろうと、特に辛く感じていた人間です。
私は2人に向かって「助ける立場だったのにすまなかった、本当にごめん」と念じました。

するとその後に今度は自分の父、母、弟、弟の家族、恋人、その他自分と近しい人間が現れました。

私は涙が出て、止まらなくなりました。
多くのことがその瞬間に理解できたように感じました。

すると、今度は七福神の布袋様が現れ、大声で「ワハハハハーー!」と笑っていました。
ひたすら全力で笑っているので、私もおかしくなって笑いました。
布袋様は手を叩いたり、踊ったりしてただただ笑っているだけでしたが、「それでいいんだ」「めでたい」と言っているような気がしました。

私は自分や自分の家族以外の大勢の人間の生活を守らなければならない仕事をしています。
しかし、先に起こった大震災のような天災そのものには力が及びません。
それは実体のない心の苦難にもいえることであると思います。

それでも、その苦難から心身を奮い立たせ、自分自身が困難な状況にもかかわらず、自分以外の他物をも救済するような力を誰でも発現できると思います。
それは剣の道における一瞬の「冴え」のようなものかもしれません。

しかし、私が手を差し出すと同時に、常に私に手を差し出している存在を改めて認識しました。

凡てのものが人の精神を介して流動しているということは、形をなしたものは形をなさないものと何の変わりもなく、形をなさないものは形をなしたものと何の変わりもないはずですが、私は形あるものをずっと他人に拵えようと必死だったのかなと思いました。

そんな必要はないよと布袋様は笑っていたのでしょうか。

ライトボディをお受けして2、3日は、日中かなり眠気に襲われました。

また、どうゆう訳かライトボディをお受けする前後に8の数字(ゾロ目等)をよく目にします。今日も車のナンバー等、何度か見かけました(笑)

また余談ですが、施術した日はエネルギーの巡りがよくなるためお酒は禁止とのことですが、当方喫煙者でタバコを吸ったのですが、タバコもかなりクラクラきました;
ご参考までに・・・

この度は大変貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
生活の励みになります。

それから、この日入手したポマンダーも活躍中です。
こんなに手軽にリフレッシュする方法があるなんて・・

また、ふと内在したものに触れたくなりましたらお邪魔させて下さい。 

 

 

 

◆30代 女性 

施術がスタートしてすぐに、どーんと地球にグラウンディングさせられたのを感じ、次にチャクラの調整かなされていくのが分かりました。

私はハートのチャクラの傷が深かったのですが、そこにエネルギーがぶわわわと入ってきて、次に第三チャクラがぐるぐると活性化。喉のチャクラに来た時は風邪を引いてるわけでもないのに咳き込んでしまって。エネルギーセンターにたまった不要なものが外に出されていくのを実感。

次に肉体感覚がなくなっていき、半身半霊の状態になり、魂が高次元に上昇していくのを感じました。そこは至福とワンネスの世界で、私はすべてとひとつであることを味わい、優しい空間を漂っていました。

するとイエス・キリストが現れ、(私はキリスト教信者ではないのに)、高次元のマスターとして私に光の輪を授けてくれました。「よくここまで来たね。」そう優しく微笑んでくれて、私の魂は歓喜にふるえました。

しばらく意識はあるのに肉体から離れた状態でいて、私は意識体の大きな海の流れに魂を委ねていました。 

その間にさまざまな調整が、魂になされていたのだと思います。 

終わったあとはふわふわとした感じで、帰り道はただ今ここに在ること、すべてに感謝で涙があふれてとまりませんでした。 

愛、そのものであることを思いだし、すべてのブロックが外れたのがわかりました。 

最高最善のタイミングでゼニスオメガヒーリングライトボディを受けられたことを、本当にありがたく思っています。

まゆさん、ありがとうございましたm(__)m 

 


 

◆40代 女性

 

先日はありがとうございました!!
かなりびっくりのメッセージでした。
わたしのようにデザインに関わっていた存在に会いたいなあと思います。
たぶんソウルメイトなのでしょう。。

霊能力者やスピリチュアルなかたがたのどこにいっても変り者扱いされ、かれらもわたしがどの霊統からきてるのかも分からないらしかった謎がわかりました。
神界や天界といったところにも縁はあると思うのですが、あの形容し難い歩く宇宙マン。。
あの存在はとても縁の深い、わたしのパワーソースであり、マスター?指導されているんだなということがわかりました。。  

きょう、ひとまず、改造されたんだな?
という頭痛はおさまりました。
完全に治って歌い始めるのが楽しみです(^-^)/

何かにカテゴライズすることなく、旅を導いてくれたまゆさんの存在に感謝です。

たぶんこれからもインフォメーションが色々きそうなので、またゼニスオメガもうけてみたいですね(^-^)/

まゆさんが言っていた、やりたいことにたいして心を開く、というのがとてもよきヒントになりました。

以下は、覚書です。

ついにライトボディをうける日だ。
朝から頭が痛い。

ライトボディがはじまった。

まゆさんから体の上にモザイク状のまゆ?が施される。
いつしか体全体が完全にくるまれるのをかんじた。
これはプロテクションだろうか?

以下、時間制はバラバラ。  

フレイヤがあらわれる。
そして、彼女ととてもよく似ている存在、
名前を聞くと
ニーラ、、
とこたえた。
彼女たちはとても美しい。
いわゆる、天界の住人、天使や精霊のような存在なのだろう。
光をまとい、彼等を感じるとフィールドに光が差す。
こちらの身体も呼応して発光するのがわかる。
なるほど、フレイヤはイノシシにまたがって馳せている。
このビジョンを見たひとが過去たくさんいるのだろう。。

また文様。

紺色の人間型の存在があらわれる。
その身体は永遠のあい色。
そして、そのあい色の中、星雲が踊っている。
かれは歩くことのできる宇宙だ。。

わたしはかれのもと、ずっと文様を描いている。
花の模様、筒形のもの、エネルギーを造形する。

そして、、これは、セルを造形している、
わたしは理解した。
細胞だ。
命のシステム!
描いた文様の中に核が、まるで太陽のように光り輝く、さらにその奥、折りたたまれたコード、 イルミネーションのように輝く光りの遺伝子!
星雲の光!
細胞のひとつひとつ、遺伝子のひとつひとつに量子的なサイズの宇宙が!
わたしはその配置をデザインしている。
エネルギーをデザインしている。
人間型の宇宙に見守られながら。
これはわたしの仕事だ。
そして、これは美しい遊びなのだ。

わたしは人間をデザインした存在のひとつだった。

この世に生まれてきた重要な目的の一つは、自分の作品を身をもって体験すること。

感情をもたないことによる恐れを知らないアトランティス人たちの失敗を踏まえ、人間は能力に制限が与えられ、感情が与えられた。
感情という回路でエネルギーを生み出す。
様々な感情の中で、最も強いエネルギーは憎しみ、否定。
生命はエネルギーに中毒する、だから憎しみから逃れられない。
そしてそれらは暴走する。

わたしの左胸にも深く突き刺さっている、憎しみの波動を抜くことにする。
これから必要ないからだ。
身体の各器官にはびこったその回路を引き抜く。
わたしの手はその動きをする。
まゆさんにも手伝ってもらった。
勝手に。笑

映写機が映し出すのは、頭を剃ったおじさんたち。
わたしの前世だろうか?
彼等は何かを決めている。

文様を描く指、そして、振動。
わたしの指は動き続けていた。

わたしは無意識に質問することにした。
わたしのハイヤーセルフは誰ですか?
それについての答えは忘れてしまった。

さしあたって何をしたらいいんでしょうか?
歌うこと。
経済を好転させたいです!
歌うこと。

わたしには何か役割とかやるべきこととかありますか?

やりたいと思ったことはなんでも自由にやっていい。

しかし何も心配する必要がないことがわかった。
いまのわたしにはわからないなんらかの方法で、成し遂げられることなのだろう。  

歌のアビリティについて。
細胞とエネルギーの層をオリジナルに戻す波動を出すことができる。

喉の手術が再度行われる。
ここ数日何回も調整をうけているが、まただ。
今度はイメージの上での現実の肉体上でも真横に開かれ、施術された。

地球の次元が複数層あり、それぞれにことなった知的生命体がいること。 また肉体は時間や次元にエネルギーを安定させる装置であること。

人類の五パーセントが光りのエネルギーに目覚めれば、地球自身のライトボディが目覚めること。
わたしの歌は彼らのオリジナルエネルギーを目覚めさせ健全にする働きがあること。
あらゆる層に振動波を与えること。

遺伝子という言い方は妥当ではない。
また、魂という言い方も肉体とそれの分離を想起させるので好ましくない。
存在、としかいいようがない。
存在は、セルに、電気信号で結びついている。

セルの中には重要なセルがあり、それにオリジナルのエネルギー波を投射することで他の細胞にも影響がでる。
遺伝子、クァンタムルミナリイ
量子的なサイズの光の粒の光り方で異常が分かる。
その微細な組織を健全にするには振動波、光、あるいは音波で調律する。
もっとも有効なのはオリジナルの振動を与えること

そう、わたしは調律師なんだそうだ。
場所や存在を調律する

その他見えたもの
神社

ときに光り輝く存在。

宇宙マンの存在がとても印象に残っている
光りと闇、神と悪魔、善悪などを超えた世界だった。

あの永遠の藍色の体に星雲の輝きが煌めく体。。
かれはわたしたちでもある。
わたしたちの細胞のひとつひとつに、星雲の螺旋、宇宙が入っている。

人間の肉体には制限があるため、サイキックを使えたとしてもとても微弱。
人間の体には、声帯を使って、エネルギー、波動を発する能力がある。

わたしは遠い昔入植してきた。
故郷の星は滅んでしまった。

わたしは歌いたくなり歌った。
そしてそれはライトボディの終わりだったらしい。


まゆさんと色々話した。

素晴らしい体験だった。
他にもたくさんビジョンを見たが、忘れてしまった。

はじめにエネルギーがあり、それを安定させるために物質化を試みている。

ウィルスは遺伝子デザインのツール、の名残か?
とても細かい仕事なので自分の意志で完全にコントロールできる機械と生命の中間のような小さな存在に作業を手伝わせていた。

意志のエネルギーでコントロールされる。

などなど…。

さて
一日経って、、
とても眠いです。
風邪の名残はとても良くなりました。
人に対する愛情が増した。
電車の中でも、この人はどんな光りを持っているのかと思うと、わくわくする。

 

 

◆30代 女性

 

大きな変化はないと書きましたがそんなこともなかったです…

割とがががっと来てます。。

 

今日はさっき音楽聴いていたら

歌いたいという強い衝動が湧き上がってきました。

 

うんわかってた…というか、

やっぱりかそこかあああああ…みたいな(苦笑)

 

実はゼニスを予約したあと、姉からあるユニットの動画をすすめられて、それを見ている時にこんな風に歌えたら気持ちいいだろうなぁ歌いたいなぁと思ったんです。

 

それから、演劇好きと言いましたが、主に好きなのは純粋な演劇というよりミュージカル(NYの)なんですよね。

あと音楽題材にした映画とか。

 

丁度今いろいろ書き留めていたんですが、全てが符合していて、なんかもう見ない振りできないというか、認めざるを得ない感じです。

 

最近ずっと私の魂はなにしたくてこの肉体にいるんだろう

と思ってたんですね。

 

魂の目的なのかはわからないですが、とりあえず

今私がやりたいのは歌うことなんだということはわかりました。

ライトボディ恐るべし…ちょっと舐めてました…
 

 


◆30代 女性

 

ライトボディ後日談というか経過報告というかなんですが、

実は昨日就職が決まりました。

応募するまでは悩んだのですが、夢やおみくじやオラクルカード全てが想いのままに行け!と行け行けドンドンなメッセージをくれました。

そして躊躇してるのはうまくいかなかったら、

嫌われたらという恐れと自分への不信だったと気づきました。

今までならループにはまって応募しなかったと思いますが、

自分の中に「大切なのは結果じゃない。踏み出すことが今の私には大切なんだ。」という思いが現れ、やるだけやろうと応募しました。

そうしたら、びっくりするくらいトントントーンと話が進んで採用決定!

応募から3日、しかも地方にいるのに(面接はskype)!

でも、なんとなく決まる予感はあって、採用の連絡を受けて、

まじか?!とやっぱり!が同時にくるという不思議な感覚でした。

直感が戻ってきたかな?

決まってから嬉しい反面、不安も出てきました。

やはり変化は怖いものですね。

でも起こってもいない事を恐れても仕方ないし、不安の大部分は過去の体験を今に投影しているにすぎないのはわかっているので、感じている事を受け入れつつも過度に反応しないようにしています。

(今これを書いていてこれまでになく自分の状態や感情を捉えらえて、反応や行動を意識的に選択している事に我ながら驚きました…)

オーラソーマプロダクトを併用しているのも変容を後押ししてくれてます。

こちらにいるうちに69が終わりそうで、次も継続するかオープンセサミに移行するか考えていたんです。

なんとなく昨日改めてコンサルテーションを書き起こしたものをみたら、状況が「今ここ」に移行しようとしている事に気付きました。

しかも就職先の主な仕事内容がワークショップやスクールの運営やアルバイトさんの取りまとめなんですが…まさにマスコミュニケーション?!

そして就職先は、創造性、自分の本質を取り戻すことも、楽しむ事も全部出来る環境だと思うんです。

これをしていくと、自然と自己価値も回復するだろうと。

勿論全部自分次第ですが。

自分の想いのままに踏み出してみたら、

自然とオープンセサミのところに行っていました。

全ての答えは自分の中にあり、ハートのままに行動していくと物事はなるようになっていく(落ちつくべきところに落ちつく)というのを実感した今日この頃です。

また、前職をあのタイミングで辞め、突き動かされるようにリーディングの学校に行き、萬夕さんのところに行って、求人が出て、応募して、今に至る…これだけじゃなく、生まれてから今に至るまでの出会いや出来事のどれが欠けてもここには辿り着かなかった。

辛くしんどい事もありましたが、たらればはなく、全てが必然というかあるべくしてあったんだとわかりました。繋がってますね。

そう腑に落ちると、全てに深い感謝の念を覚えます。

萬夕さんとのご縁にも感謝感謝です。

しかし69が終わるタイミングもはかったかのよう。

ということで、オープンセサミに移行しようと思います。

仕事に慣れてきたら歌も始めようと思ってます。

これから先どう人生が展開していくかはわかりませんが、感じるままに一瞬一瞬を全力で楽しんで生きていればなるようになっていくんでしょうね。

 

ということで、長くなってしまいましたが、この辺で。

ではでは〜^ ^

 

 

 

 

◆30代 女性 

 

お世話になっております。
ふと昨日、萬夕さんのHPを拝見して驚いたので、
その後1週間時点でのご報告も兼ねてメールしました。

開けゴマ!なんですが、丁度昨日、日中にディズニーのアラジンの3部作目をみていて、(これ自体がアリババと40人の盗賊をモチーフにしています。)
やたら「開けゴマ!」が耳に残って気になっていたのですが、
その答えが萬夕さんのブログに書いてあった気がして嬉しかったです。
☞こちら

その後1週間ですが、私の場合好転反応は自分の覚悟を試されたような感じで進行しているようです。
今週急なお仕事の依頼が突然きまして、そしてそれと同時にまた娘が病気になりました。病児保育に預けるのか、それとも徹夜でなんとかするか…どちらにせよ、どれだけ仕事と家族との両立を覚悟しているのか、今後の試金石のようです。
(結局、病児保育デビューを伝染病の隔離室で飾るのはかわいそうなので、徹夜等でお仕事は乗り切りました…!)
これから本格的に仕事をたくさんこなしたいと思うとこのような事はざらに起きるんだよな〜と思いながら進めていました。
ふと、好転反応を思った時にこのことが浮かびました。

他に好転反応の心辺りはちょっと悪夢を見た、くらいでしょうか???(これはこじつけかもしれません)

先日アドバイス頂いたお仕事ですが、
すごいタイミングで連絡とっている人とそういう話題になり、
やってもいいんじゃないのと言われているような感じです。
相談出来そうな人に会う約束も出来たので、少しずつ形にしていこうと思います。

長くなってしまいました。
とりとめもなくなってしまいましたが、
色々タイミングやご縁を感じる事が増えている気がします。
そして開けゴマ!!
この気持ちを胸に、行動していこうと思います。

また何かあった時はサロンを利用させてください。

今日はまた寒いのでお風邪など召されませんように…☆

それではまた! 

 

◆30代 女性

 

ライトボディの感想をお伝えしたいと思いつつ、
いまだその光速の渦中というか。
言葉が追いつかない感じがします。  

「光になりましょう」と聴こえてライトボディを受け、
「光と私、光の私」と、そのあと夢で聴こえました。
光と一つになれたかな~?

萬夕さんが伝えてくださった「マリアブルー」は、
気づきの言葉でした。  

マリアブルーはマリアさまのマントの色ですから、
「衣織りは祈り」と改めて思えて、励まされました。
萬夕さんのサロンへ伺う途中に閃いた言葉でした。
「祈るは意宣る」と伺っていたからだと思います。  

また、恩師の現在開催中の美術館展示は、
『母衣(ぼろ)への回帰』展。
「マリアブルーも母衣の色」と思い至り、
何かとても浄福を感じました。  

祝福のようなプレゼントと思います。
ありがとうございます。 

 

◆30代 女性

先日のライトボディを受けてからは、会社には仕事をしに行っている。と思ってます。
当たり前ですが。。。

彼と同じところに居ないといけませんので、もう1年近く、いい事も嫌な時も何かあるたびに仕事は上の空でした。。。
久しぶりに、周りを気にせずに仕事をしています。
なんだか、あんなに考えたり、悩んだり?していたのが思い出せない位で。。。
そんな事あったっけ?と思う事もあります。が、何かの瞬間にまだ、グワーっと思い返す時もあります。
でも、その事で落ち込んだり、長い時間を使う事はもうありません!笑
私は何だったのだろう?頭がおかしかったんじゃ無いか?と本当に思ったりもします。
本気で頭がおかしくなる前に、お伺いできた事に感謝します。。。
今思えば、彼も彼だとも思いますが、私も負けてないくらい酷かったと思います。  

今は、自然に任せて、何が起こるかなぁ?!と、何かと楽しみにしてます。
今まで、何をそんなに思い詰めていたのか、でも、悲しかった事も落ち込んだ自分もそりゃそうだよね。。。と思っています。うまく言えないけど。

自分がダメだからこんなになっちゃった。。。とは今は思いません。
誰も悪くなかったと思います。
どうにもならない事もあるんだ。と思いました。
その一言だけです。

もう少し何かあったらメールしようかなぁと思っていたのですが!笑
多分、10日前の私とは全く違うのです。
それだって、大きな変化ですよね?!笑

ありがとうございました。。。 

◆40代 女性

 

あの後、横になると頭や体にむずむずした振動のようなものを
ものすごく感じました。特に頭と額。
今でも時々感じるくらいです。
かなり強力なエネルギーが流れてるんだなーと感じています。  

日に日に気持ちと体が軽くなってきて、
年明けとともにそれが加速しているような感じです。
受ける前は、まったく未知でしたけど
ライトボディ受けてよかったです!!  

その後、夢の中に「脱力」と書かれた紙が出て来て、
笑ってしまいましたが、力を抜いていこうと思います。 

それ以外にも、
夢でメッセージらしいものを受け取ることが多くなりましたよ。
頭上から金色の光が照らしてくれていたり、
赤ちゃんがお母さんのおなかの中に入る前?のような
滑り台を次々と滑り降りて行くところとか、
数字のメッセージが見えたり、
夢なのであまり覚えていませんが、
今までのわたしにはまったくなかったことなので
驚いています。
今のところ、そのメッセージがなにを意味しているのかわかりませんが…。。。
でも宇宙とつながってるってことですよねっ。
いろいろと楽しみです。 

 

◆30代 女性 会社員・画家

お久しぶりです。

 時間の流れが速いのだか私がぼんやりで着いていけないのか解りませんが、今年が早すぎて今になってしまいました。 忘れてしまわないうちに、1年前のゼニスオメガの体験を記しておこうと思います。  

まゆさんの所へ行った日が奇しくも2015年8月8日で、888並びの日でした。  
その日は猛暑で蝉の鳴声がいつまでも聞えてました。  
久しぶりにお会いしたのに、するっと打ち解けられる雰囲気に安心しました。  

その年は個展があり、何か内側からのパワーやインスピレーションが欲しいと思い受けました。 横たわり、蝉の声を聴きながら、ライトボディが始まりました。頭がボワ〜ンとしてきました。  

まず、見えてきたのは、
白い崖にたたずむ赤い服の少女に北斎の絵の様な波飛沫が襲い掛かる所。  

次は、昭和の初めの下町の風景。カンカン帽のおじさん、中年の着物の女の人、木の電柱、 後姿のおかっぱの振袖姿の女の子。
彼女のお祝いの日なのかな?とも思ったりした。  

次は、蝉の声のせいか・・・
さわやかな森のイメージ。
魚の細かい鱗。
ユニコーン(この仔は私の安全地帯にいる子。)
森の奥には澄んだ湖があって浅いので、下の小石がきらきら見える。  

体の感覚は、眠りに入る瞬間に近い感じが何度かあった。
右肩から腕にかけて熱くなって、上がるようで落ちるような感覚。
両足がだるくなって、上がるようで落ちるような感覚。  

下腹部で“くるるん”と何かが動いた。
 (まゆさんいわく、チャクラが動いたのかなと。)

そして子供の声で『好きよ』と聞えた。
(まゆさんいわく、気に入ったのねと。)

真っ白になった。  

凄い音。音楽。耳ががんがんする。ライブだ。
イントロは民族音楽ぽかったけど、始まったらバンドだった。
男女混合のバンド。ステージの演出に着物の女性が中にたくさん浮いている。

 終了。ぐっすりと寝て夢を見ていた感じ。
上記の話をまゆさんと話す。  

まゆさんが補色がみえたと言う。
二つで一つになる・・・みたいな事だというので、私は驚いた。  

奇しくも、その時の個展のテーマに、陰陽、男女、表裏一体などのイメージを色で取り入れようとしていたからだ。

まゆさんは、気になったので私のソウルに聞いてみたと言う。
まゆさん凄いな!と思わず言ってしまった。

正直、予約を入れた頃から私の日常に何かが動き始めていて、
いろんな事が重なるように起き過ぎて、
また絵が描けないのじゃないかしらと不安になっていたけど、ライトボディ受けていて本当に良かった。  

今の時点でだけど、最高に美しい作品が生まれて、自分のスタイルが見えてきた。  

苦しみながらも、泣きながらも、ものすごく強い力で個展をやり遂げる事が出来ました。  

それからの時間の流れが速いんだか何だかもうよくわからないです。笑。
ただ少しずつ思い描いた世界の入口に立てた気がします。これからもっと進んで行きたい。

まゆさん、ありがとうございました。
またお世話になりに行きます。
 

 


◆40代 会社員

先週は、ライトボディのセッションをありがとうございました!
セッションを受けてから
10日程たちますが、
毎日穏やかな日が続いています。( ちょっと以外な展開でした (^-^))
今までは、仕事や家事などの用事のある時以外でも
何かしていなきゃいけないような気がしていたのだけど、少し気持ちに余裕ができたせいか、「何もしない事」を楽しめるようになりました。
このままただの怠け者になってしまったら嫌だなあ~という思いもちょっとはあるのだけど、今は抗わず、自分の素直な気持ちに従ってみようと思います。(^^)  

あと、自分の内側を観察している時、以前は頭の中のお喋りといつの間にか一体化してしまって、嫌な思いや感情に呑み込まれているというパターンだったのですが、この頃はそういうものがやってくる手前で気付けるようになってきました。
そのお蔭で、ムダに憂鬱な気分になることが大分なくなりました(^^)  

今後もどんな変化があるか
少し楽しみです。

本当にありがとうございました❗

◆30代 女性

 

お盆なので実家に帰ったら、まあそれはそれは親に手厚く看病されて驚きました。
それで思ったのですけれど、私が向き合わないといけないのは親との関係性だなと…。
善良な人たちなのですが、私は親にコントロールされている感があるんです。

うつ病のため親にお金出してもらって一人暮らししているので、自分を生きている感がしないですし、 禅のツアーに行きたいけれど、なんとなく「母の許可とってからでないと」って思ってしまうんですね。
でも実は、もうちょっとすれば、自分の力で生活できるんじゃないかな?って思えたりもします。
セッション前に「なんでも自分でやらなければという思い込みを解きたい」とか書いたけど、 実際には自分のこと自分でやるのが、むしろ正解?じゃないかと思えてきたんですよ、今は。

常に誰からも力や助けを借りないという意味ではありません。
軸は「自分のことは自分でやるのが“基本”」っていう考えが定まっていれば
きっと親からお金頂いていても罪悪感を感じないんじゃないかと。
自分のことは自分でできる!っていう覚悟ができていないから、
そして自信がないから、病気になったり、結局頼ることになったりするんじゃないかなーって。

だって自分で「私これやって生きていく!」って
覚悟を決めてやれば絶対に人のせいにはしないですし、できないですし。
(↑まゆさんのブログにそういうことも書いてありますね~)
覚悟が決まっていれば、多少、誰かの力を借りても、
罪悪感は感じないんじゃないか?と思えてきました。
中途半端な気持ちだから、「迷惑をかけている~」「自分は病弱だから~」
とか余計なこと考えているような…。
うまく言えません…伝わるといいですが…。
ライターやってる人間の文章じゃないですね^^;

 

*体験談は、クライアントさんのご了解を得て掲載させていただいております。 

 

ブログより

★「ライトボディの最中に、ヒプノ」はこちら

 (ライトボディの最中に、今のご本人に影響を大きく与えていた

  前世の死に際にトリップしてしまった方の体験談です)